iroiroレポート


今回は、ウミカジテラスにある「ISLAND PO-PO-」さんにお邪魔しました。
2022年4月にオープンしたばかりのポーポー専門店です。

オーナーの上地さんがポーポー専門店を始めるきっかけは2つ。
昔、おばぁの作ったポーポーが美味しかったという思い出と、若い世代が「ポーポー」を食べたことがない事や名前そのものを知らないという現状があり、沖縄の食文化を継承していきたいという思いからポーポー専門店が誕生しました。


ポーポー専門店以外にも国際通りを中心にBARや居酒屋など5店舗を経営している中、新型コロナウイルスでやむを得なく休業に。
そんな中、ウミカジテラスのテナントの空きがあるということを知り、本格的にお店のオープンに向け準備を始めます。


ポーポーのお店を構えるにあたり、お店のコンセプトや内装、ポーポーの商品開発を上地さんを中心にスタッフと構想。

お店の名前はいくつか候補があったようですが、島のポーポー、沖縄のポーポーという意味も込めて「ISLAND PO-PO-」に。

店内は、ウミカジテラスのなかでは珍しい黄色を基調としています。
色の候補としてターコイズブルーと迷ったそうですが、ポーポーやウミカジテラスとの相性を考えた結果黄色に。
太陽のように明るく目立つので、海との相性や曇りの日でも気分を上げてくれそうな色ですね。



テラス席には沖縄の守り神シーサーの「サーシーくん」がおり、その横には海と飛行機を背景にポーポーの写真が撮れるフォトゾーンも完備。

ポーポーとは何か。パーラーやお店のポーポーを食べ歩き、研究したそう。

みなさんもポーポーを食べたことありますか?
食べたことある方は、茶色の生地が巻かれたものではないでしょうか。
私もそれがポーポーだと思っていました。
ですが、実際「ポーポー」と言われるものは、小麦粉生地にアンダスー(油味噌)を巻いたものだそうです。
私たちがよく食べている黒糖入りの生地を巻いたものは「チンビン」と言い、実は逆だったという事実を知りました。

ポーポーはシンプルに生地を巻いた食べ物で、老若男女に愛されるにはどういったものがいいのか。
現代風にアレンジしたものを商品化し、可愛くて写真映えする凝ったスイーツ系と惣菜系のポーポーが誕生。
粉からこだわり、スイーツ系のポーポーには白糖、紅芋、黒糖を混ぜており、惣菜系のポーポーには、小麦粉に出汁を混ぜて各系統に合わせて材料を変えています。

ポーポーの開発は約8か月かけており、ポーポーだけでなく、カップにもこだわりが。
アイスがついているスイーツポーポーのカップは、日本では販売しておらず、海外から輸入しているそうです。
カップの裏にはポーポーの歴史を伝えたいという思いからシールが貼られており、ポーポーの歴史について理解できます。

カップの中には、コーンフレークが入ってその上にポーポー、アイスクリーム、パイナップル、紅芋チップス、生ホイップが乗っています。

海と空をバックに写すとすごく綺麗ですね。

ポーポーロールは、男性の方でも買えるようにとの思いで開発。
アイス&ポーポーは見た目が可愛いということもあり、男性の方たちが遠慮していたように感じたそう。
シンプルでポーポーを楽しめるようにとポーポーロールができました。
シンプルに生ホイップをポーポーで巻いたもので、ちんすこうフレークが中に入っています。

ちんすこうが入っていることで、ザクザクっとした食感も楽しめます。

惣菜系のポーポーは新発売の「ポーポードッグ」です。沖縄にしか売っていないポチギソーセージをポーポーで巻いて、なんとポーポーを丸ごと揚げているんです。

ポーポーを揚げるという斬新なアイデアに驚かされるも食べてみると美味しくてバクバク食べていました。

ポチギもポーポーもパリっとしており、餃子のような春巻きのような感覚でした。
ピリ辛ということもあり、お酒のおつまみにも合うセットなので、ぜひオリオンビール片手に食べてみてください。

サーターアンダギーを使った「もちもちサーターアンダギー」も新登場!
こちらも沖縄の伝統的お菓子のサーターアンダギーがメインの商品。
地元民も観光客にも認知度が高くポーポーより食べたことがあるという方は多いのではないでしょうか。
お好きなドリンクを一緒に楽しめるところがいいですね。

またメニューは夏と冬で分けたいという上地さんの思いから現在冬に向けてメニュー開発を行っているそう。

その季節限定商品の試作メニューをチラ見せします。
苺の季節限定で、「苺とバニラ&ココアポーポー」。

(※写真はイメージ図)
まだ、試作の段階ですが、見た目も可愛く美味しそうです!!
ココア味のポーポーが気になります!!!

毎シーズンどんな組み合わせが出てくるのか予想しながら待ちましょう…

台風前ということもあり、風が強く、太陽の陽でアイスが秒で溶け出し、傘が飛んでいくというハプニングがあるなかの撮影でしたが、上地さんと店長の藤井さんが積極的に商品の撮影に手伝ってくださり、アイスが溶けると「汗拭きますね~」と笑かしてくれながら楽しい撮影会でした。

ほかの飲食店ではあまり見かけない、ドリンクたちが勢ぞろいしています。
沖縄限定で販売しているドリンクがISAND PO-PO-では飲めます!!

ルートビアやバヤリース、オリオンビールもあり、オリジナルの生シークァーサーソーダや生パインソーダもあります。

支払い方法は、現金払いのほかにクレジットカードや電子マネーでの決算も可能ということで、自分のスタイルで支払いができるのも嬉しいです。

将来的には北部、中部、南部に2店舗ずつ構えたいという夢を叶えるため、ポーポーの認知度アップのため日々奮闘中。
元気いっぱいのスタッフと沖縄の伝統的お菓子をウミカジテラスでぜひお楽しみください。

※商品価格は取材当時の価格です。最新情報は直接店舗へご確認ください。


【下記リンクへ戻る】

Latest posts by iroiro沖縄 編集部 (see all)