#ディズニーの魔法の成分

沖縄でもあたたかいものが恋しくなる季節となってきました。今回は、あたたかいを通り越してアツアツに熱い山をご紹介。

東京ディズニーシーにある 「プロメテウス火山」 は、東京ディズニーランドのシンデレラ城に並んで大変有名なパークのシンボルですので、遊びに行ったことがない方でも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

ギリシャ神話の火の神プロメテウスの名を冠しているだけあって、この山は火山で、一日に何度か噴火をしています。

轟々と炎を上げるその姿を目撃したいと、 「何時頃噴火するのですか?」 と質問される方も多いようですが、その答えは 『プロメテウス火山の噴火は自然現象なのでわからないのです…』 となります。

なんとも気の利いた言い回しに納得せざるを得ないといったところですが、それではせっかく楽しみに見に来たプロメテウス火山を楽しめない!と、残念な気持ちになるかも知れませんね。

では、いつでも目にできるのに知っている人が少ないプロメテウス火山のこんな話は如何でしょうか。

実はこの火山、見る場所によって全く異なる表情を持っているのです。

パークに入ってまず初めに目にする火山は雄大で、なんとも絵になる光景ですが、足を進めて火山の内側 「ミステリアスアイランド」 へと入っていくと、激しい噴火があったことを想像させる冷えて固まった溶岩が山肌にこびり付いており、無機質で少し恐ろしい世界観を作り出しています。

そして、再び火山を外側から眺めてみると、20世紀初頭のアメリカの 「アメリカンウォーターフロント」 からは山肌に緑が茂り始めている様子が。自然と天候を研究する 「ポートディスカバリー」からは火山というより岩山と言ったほうが相応しい、優しい色合いの岩からたくさんの木々を見ることが出来ます。

さらには、海底の世界観を持つ 「マーメイドラグーン」 からは、もちろん地上の火山は 〝見えない〟 のです。

噴火は偶然でないと目撃できませんが、見る場所によって火山の表情が違うことは、知っていればいつでも何十倍も世界観を満喫することが出来ます。

そんな粋なディズニーの魔法の成分で、心がアツアツになっていく楽しさを是非味わってみてくださいね。

川崎 真衣
Latest posts by 川崎 真衣 (see all)