#やんばるスケッチ
カヌチャリゾートからの大浦湾の朝日

四季がわかりにくいと言われている沖縄で「冬と春」の季節の変わり目の頃は、どちらかと言えばわかりやすいと思う。

年明けの1月から2月にかけて、沖縄では真冬のような一番の寒さが訪れる。

この時季には、冬の花で知られる「サザンカ」、沖縄で自生する真っ赤な「ヤブツバキ(藪椿)」や、日本で一番早い桜といわれる「カンヒザクラ(寒緋桜)」の蕾(つぼみ)が芽吹く。

そして、気温の寒暖の繰り返しによって花が開花し「寒い冬」と「暖かい春」の兆しを同時に感じ取る風景に出会える。

そして、花曇(はなぐもり)の日に、強い風や雨によって椿や桜は花首からポトリと潔く落花していく。

その様に、どこか物寂しさや儚(はかな)さを感じたりする。

一方、早春の朝日は暗い紺色の水平線から、空を淡いピンクやオレンジ色に染めながら、さわやかな空気に包まれてゆっくりと昇ってくる。

が、ふと気がつくと、朝日はいつの間にか天上に鮮やかに輝いていた。

春は、海や空からもやって来るのだと告げているように思えた。

高嶺 晃